愛だけ携えて 波を待ち 波にのる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
SENKAWOS  デビュー
SENKAWOS



2005年、中学校の同級生である大島・平山・吉田で結成。ギター+アナログシンセ+ボーカル/カリンバの不可解な編成で、青山蜂・渋谷Module・下北沢Basement Barなどでずぶずぶと未確認サウンドをまき散らし、喝采と罵声を7対3の割合で浴びる。同時に即興演奏の音源をアーカイヴ化しWEB上でひたすら公開し続けるという怨念にも似た呪術的な活動をぬるぬると進める。

2010年、同じ電車に偶然乗り合わせていた同中学校の後輩石井・和田と遭遇。拉致・キャトル ミューティレーションに成功し、現在のバンドスタイルとなる。以降、池袋鈴ん小屋、渋谷 Module、渋谷 Ruby Room、渋谷Plug、渋谷asia、下北沢Three、三軒茶屋Heaven's Door、三軒茶屋Orbit、吉祥寺Star Pine's Cafe、所沢Mojoなど、ライブハウスから若者が集うクラブシーン、はたまた老人・子供が集う近所のお祭りまで、 ハードプログレからの公園アコースティック、縦横無尽に場を揺るがす問題的サウンドで人気を博し驀進。

2011年、プロダクションからマスタリング、カバーアートまでを「バンド内制手工業方式」で制作した13曲入りのヘヴィーウェイトアルバムOn The Groundを発表。現在に至る。






 

おめでとうございます。
聞いた人みんなが幸せになれる
センカヲス!
待望のデビューです。
- comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>