愛だけ携えて 波を待ち 波にのる
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
どこまでも、雨の美しい日。


日が暮れる前の、グレーの空に雨と風が漂う田園風景を助手席から眺めていた。

全身が脱力していて、ただひたすらにすべてをゆるしてもらっているような錯覚があって私は伝えらない。
- comments(0) -
スポンサーサイト
- - -
Comment








<< NEW | TOP | OLD>>